トップページ > トピックス一覧 > カンヌで開催された海外共同制作の国際マーケット「mipdoc」に参加

トピックス一覧

カンヌで開催された海外共同制作の国際マーケット「mipdoc」に参加 2016/04/14

スクリーンショット 2016-04-14 22.11.26  

テムジンでは、ドキュメンタリーの新しい枠組みを模索する一環として、海外共同制作にも力を入れています。4月2~3日、国際映画祭でおなじみのフランス・カンヌを訪れ、ドキュメンタリーの国際的なマーケット「mipdoc」に参加してきました。

 

今年は、世界53カ国から1500の番組やプロジェクト、400人を超えるバイヤーが集まりました。mipdoは、各国の放送局やプロダクションの制作者が訪れ、番組の売買だけでなく、新しい企画のPRや国際共同制作の話し合いが活発に行われる大きな舞台です。

 mip3  

日本から海外へドキュメンタリーの国際共同制作を推進する「TokyoDocs」の支援の元、選ばれた4つのプロジェクトの1つとして、企画のピッチング(発表)を行ってきました。

 

海外の放送局や制作者が私たちの企画に強い関心をもち、共同制作の実現に向けて大きく動き始めています。

世界のマーケットには多様なドキュメンタリーが存在し、発表の媒体だけでなく、表現手段においても可能性に満ち溢れています。今後も、国内に限らず異なる舞台や新しいスタイルを追求しながら、様々な形でドキュメンタリーを発信していきます。